プラス鶏肉

かぼちゃとカレーのチキンドリア

チキンドリア

皆が大好きな、ご飯を使った洋食メニュー「ドリア」。
時間が無いときにも手軽にサッと作れちゃうのに、お腹心もしっかり満足できちゃうのが嬉しいですよね。


基本のチキンドリアレシピ(2人分)

ケチャップのチキンライスとホワイトソースの組み合わせは、まさにドリアの定番です。優しくてどこか懐かしいドリアを召し上がれ!

材料

とり胸肉 1枚・玉ねぎ 1/2個・マッシュルーム(缶) 1・ほうれん草 1株程度・ホワイトクソース200g・牛乳 90cc・ケチャップ 大さじ4・ピザ用チーズ 4枚・ニンニク 1片・塩コショウ 少々・ご飯 2合分・バター 大さじ1・刻みパセリ 少々

下準備

  • ホワイトソースは缶から取り出し、牛乳と一緒に鍋に入れて弱火で焦げ付かないように混ぜながらのばしておきます。鍋の周りからプツプツと泡が出てきたら、火を止めて塩コショウで味を整えます。
  • とり胸肉は軽く水洗いした後よく水気を拭き取ってから食べやすい大きさに切り分けます。
  • マッシュルームは、缶から出してざるに上げ、水気をよく切っておきましょう。
  • ニンニクはみじん切りにして、玉ねぎは細切りにしておきます。

作り方

  • フライパンに油をひき、みじん切りにしたニンニクを入れてから弱火で温め、香りを出します。香りが出てきたら玉ねぎをいれ、しんなりするまでいためます。
  • 玉ねぎがしんなりしてきたらマッシュルームと鶏肉を加え、全体を混ぜ合わせます。
  • 鍋にケチャップとご飯をほぐしながら加え、木ベラなどで他の具と満遍なく馴染むようにまぜます。
  • 全体がよく混ざったら耐熱容器の内側にバターを塗り、炒めたご飯をしきつめます。
  • 準備しておいたホワイトソースを焦がさないように混ぜながらもう一度温め、湯気が出てきたらピザ用チーズをちぎって加えて溶かします。
  • ご飯の上にホワイトソースを流し込み、230度程度のオーブンで10〜15分ほど焼き上げます。焼き上がったら、刻みパセリを振りかけて完成です。

ポイント・アレンジ

ホワイトソースをデミグラスソースにかえて、ミラノ風ドリアにアレンジしてみるものおすすめですよ。

レンジで簡単! カボチャとカレーのチキンドリアレシピ(2人分)

残り物のカレーとカボチャでベースを作るので、20分くらいでできちゃう簡単レシピです。カボチャの代わりに蒸したジャガイモも使えます。煮物の残りをアレンジすればさらに短時間で美味しい一品を追加できますよ。

材料

カボチャ 1/4個・鶏ひき肉 150g・ご飯 2合分・ピザ用とけるチーズ 4枚・塩コショウ 少々・バター 大さじ1・醤油 少々・マヨネーズ 大さじ4・カレールー 大さじ3

下準備

  • カボチャはタネを取って水洗いし、適当な大きさに切ります。水気のついたまま耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで数分温めます。箸がすっと刺さるくらいにまで柔らかくなっていたら取り出します。
  • 鶏ひき肉は、軽く油を引いたフライパンで炒めておきます。手軽に火を通したいときには、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱しても良いでしょう。ひき肉の色が変わっていたら塩コショウで味を整えておきます。

作り方

  • 煮物の残りのカボチャ、もしくは電子レンジで下ごしらえしておいた柔らかいかぼちゃをボールに入れます。フォークの背を使って荒めに潰します。
  • 炒めた鶏ひき肉をボールに加え、カボチャに馴染ませるようにフォークで潰しながら混ぜ合わせます。
  • ご飯とマヨネーズ大さじ2を別のボールに入れてよく混ぜ合わせます。
  • さらに別の容器にカレールーとマヨネーズを入れて混ぜ合わせ、塩コショウで味を整えます。
  • 耐熱容器の内側にバターを塗り、マヨネーズご飯を敷き詰めます。
  • ご飯の上にカボチャと鶏肉、その上にカレーソースを重ねていき、一番上にピザ用チーズをのせます。
  • 電子レンジで8〜10分加熱して完成です。焦げ目をつけたい場合には、オーブントースターで同じ時間加熱するか、電子レンジから取り出した後に数分トースターで焼き上げるのがおすすめです。

ポイント・アレンジ

同じ材料を全部混ぜ合わせて、空気を抜くようにして丸め、パン粉をつけてあげれば、お弁当のおかずにも使えるドリア風ライスコロッケにアレンジする事もできます。カレーを作ったときには、小分けにして冷凍させておくのがポイントですね。