プラス鶏肉

チキン南蛮・南蛮漬け

チキン南蛮

からっと揚げた鶏肉をちょっと酸っぱいタレに漬け込んだ人気のおかずです。唐揚げの残りを使って色々アレンジすることもできますから、夕飯の献立に困ったらチキン南蛮にしちゃうことも多いんです。さっぱりしているので食欲がないときにもおすすめのメニューですよ。


揚げ野菜とチキンの南蛮漬けレシピ(2人分)

夏野菜を素揚げして一緒に漬け込むだけですが、肉と野菜のバランスがよくなります。胸肉を使うことで、よりヘルシーなレシピにしてみました。

材料

とり胸肉 200g・ナス 2本・パプリカ(ピーマンやしし唐でも可)1個・玉ねぎ 1/2個・長ネギ 1/2本・片栗粉 適量・サケ 適量・塩コショウ 少々・醤油 大さじ1
(南蛮たれ用)
酢 大さじ2・醤油 大さじ2・砂糖 小さじ 3・ダシ汁 大さじ1・赤唐辛子 1本

下準備

  • 鶏肉は大きいまま塩コショウをすり込みサケと醤油大さじ1をふっておきます。
  • ナスは縦半分に切ってから食べやすい大きさにします。
  • 玉ねぎとパプリカは同じくらいの大きさになるように少し大きめの細切りにします。 ・ボールに南蛮タレの材料をいれて、浴馴染むように混ぜ合わせておきます。

作り方

  • 食べやすい大きさにカットした野菜を170度に熱した油でサッと素揚げにします。揚げすぎてしまうと歯ごたえや香りがなくなってしまうので、少し早いと思うくらいで取り出して余熱で仕上げるのがポイントです。
  • 下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶし、170度の油に入れます。箸でひっくり返しながら両面がきつめ色になってきたら揚げすぎないうちに取り出します。
  • 油から取り出した鶏肉は、食べやすい大きさに手早くカットして、用意しておいた南蛮タレの中に漬け込みます。
  • 鶏肉の上から先に揚げておいた野菜を漬け込みざっくりと混ぜ合わせます。
  • 大き目の器に盛り付けて、タレを上から回しかけます。最後に細切りにしたねぎを載せて完成です。

ポイント・アレンジ

鶏肉をさらに小さく切って、ちぎったレタスと一緒に盛り付ければサラダ風チキン南蛮にアレンジできます。

簡単!中華風チキン南蛮レシピ(2人分)

酸味のきいたソースにとろみをつけただけでいつものチキン南蛮がちょっとオシャレな中華料理になっちゃいます。一口大に切って下味をつけた鶏肉を揚げ、タレに漬け込むのが中華流です。

材料

鶏モモ肉 1枚(200〜300g)・塩コショウ 少々・サケ 大さじ1・醤油 大さじ1・片栗粉 適量・糸唐辛子 少々
(南蛮酢タレ)
ニンニク醤油 大さじ2 ・レモン汁 大さじ1〜2・砂糖 大さじ1・ダシ汁 大さじ2・片栗粉 少々・ごま油 少々・ねぎ 1/4本・生姜 1片

下準備

  • 鶏肉は食べやすい大きさに切ってから、塩コショウ・サケ・醤油をすり込んで下味をつけておきます。
  • 南蛮酢の材料は、ねぎ・生姜はみじんぎりにしてから、片栗粉以外の材料と一緒に大き目のボールにいれてよく混ぜ合わせておきます。

作り方

  • 下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶし、軽くはたいてから170度の油に入れます。箸でひっくり返しながら、鶏肉が浮いてきたら取り出します。
  • 混ぜ合わせておいた南蛮酢の中に揚げた鶏肉を手早く漬け込みます。
  • タレが十分にしみ込んだら、鶏肉だけを取り出して器に盛り付けます。
  • 残った南蛮酢タレに片栗粉を加え、よく溶いてから鍋に移して加熱します。
  • とろみが付いてきたら火をとめて、鶏肉の上にかけ、糸唐辛子をのせて完成です。

ポイント・アレンジ

南蛮酢タレは混ぜ合わせる前に刻んだねぎと生姜を油でいためてねぎ油にしてからまぜるとさらに香りがよくなります。