プラス鶏肉

焼き鳥と焼鳥のタレ

焼鳥

手軽につまめる焼鶏は、年齢を問わず人気の高いお惣菜です。簡単に作れそうでなかなか焼鳥屋の味にはならない、難しいメニューでもあります。そこで、自宅でも手軽に使える七輪とこだわりのタレで美味しい焼鳥を作ってみました。慣れてくると意外と短時間で作れるのでぜひやってみてくださいね。


焼鳥屋さんのたれのレシピ

人気の焼鳥屋さんの魅力はなんと言っても秘伝のタレが決め手になりますが、店によって色々な味があります。家でも色々な美味しいタレの焼き鳥が食べたくて考え出したのがこの絶品タレたちです。焼鳥丼にする時にも使えるので市販のものにタレを使ってアレンジする事もできます。

タレ1(付けだれ)

材料

にんにくしょうゆ 大さじ2・サケ 大さじ2・ごま油 大さじ1・砂糖 大さじ1/2・豆板醤 小さじ1/2・おろししょうが 大さじ 1・みりん 小さじ1/2

作り方

  • ボールに醤油・みりん・豆板醤を入れてのばしながらよく混ぜ合わせます。
  • まざったボールの中身を鍋に入れ、砂糖、サケ、おろししょうがを加えて中火で加熱します。
  • 鍋の周りがプツプツと泡立ってきたらごま油を入れて火を止めます。
  • カメなど陶器製の容器に入れておき、焼鳥を焼く前や途中につけながら焼き上げます。焼きながらつけていくと鶏肉から出た肉汁がたれに加わりだんだん美味しさが増してきますので、保存用の容器に入れて数回同じタレを使いまわすのもおすすめです。

タレ2(とろみだれ)

材料

サケ 数滴・生姜の絞り汁 小さじ1・みりん 大さじ2・しょうゆ 大さじ3・片栗粉 大さじ・水 大さじ2

作り方

  • 片栗粉以外の材料を混ぜ合わせたら、鍋にいれて中火で加熱します。
  • 鍋の周りからプツプツと泡が出てきたら、弱火にして水にといた片栗粉を全体に少しずつまわしいれます。均等にとろみが付くように軽くかき混ぜながら入れましょう。
  • とろみが付いたら火を止めて完成です。

タレ3(洋風甘辛だれ)

材料

ウスターソース 大さじ1・トマトケチャップ 大さじ1・しょうゆ 小さじ1・おろししょうが汁 小さじ1・おろしニンニク汁 小さじ1/2・塩コショウ 少々

作り方

  • しょうがとニンニクはすりおろして絞り汁だけを加えます。
  • 他の調味料と絞り汁を混ぜ合わせて完成です。

タレ4(味噌だれ)

材料

みりん 大さじ2・砂糖 大さじ1・しょうゆ 大さじ1・合わせ味噌 大さじ3・おろししょうが 小さじ1

作り方

  • ボールにみりんと味噌を入れてのばすように練り合わせます。
  • 味噌が伸びたら残りの調味料を加えて混ぜ合わせ、完成です。

上手な焼き方・作り方

焼き鳥を美味しく焼くために欠かせないのが炭火ですよね。家庭で炭火焼にする場合には、七輪を使うのがおすすめです。七輪を使う場合には、屋外など換気の良い場所で火の気に注意して行いましょう。

仕込み

始めに鶏肉を食べやすい大きさにカットし、漬け込み用のタレなどに漬けて下味をつけておきます。サケと塩コショウ、醤油を鶏肉にまんべんなくふりかけて冷蔵庫で一晩寝かせて置くか、仕込み用のたれに漬け込みます。仕込み用のたれには、おろしにんにく・サケ・醤油・ごま油・おろし生姜・白ゴマを各大さじ1ずつ混ぜ合わせたものに1晩漬け込んでおくのがおすすめです。


串に刺す

鶏肉を串に刺すときは、肉と肉の間をきっちり詰めないようにすることと、手元の部分に余裕を持たせておくことがポイントです。また、串の先端は肉から突き出ないようにします。竹串や木串の先端部分が飛び出ていると焼いている途中に串が焦げてしまい焼きムラが出来たり、燃えカスが鶏肉に付着してしまうことがあります。


焼き方

炭に火が入ったら、熱が均等になるように隅の位置を整えます。炭から10〜15cm程度はなした位置で串を炭と平行に持ち、串をまわしながら全体を焼き上げます。鶏肉の色が変わったり焼き色がつく前に串を反すことで、徐所に中心まで熱を加えることが出来ます。焼き加減を確認するときには、鶏肉と鶏肉の間を少しずらしてくしの通っている中心部分を見ると良いでしょう。串を返しながら数回タレに漬け込んで焼けば、こんがりと美味しい焼鶏が作れます。